腕の痺れ(しびれ)を起こしてしまう原因

世田谷区・上野毛のさるた整体院 ホーム > 院長が語る整体コラム> 腕の痺れ(しびれ)を起こしてしまう原因

腕のしびれに悩まされていた女性の改善例をご紹介します

先日、50代の女性の方が来院されました。
1日8時間のデスクワークを週4日行っていましたが、半年前から左上半身の怠さと重さを感じ始め、3ヶ月前からは肘から前腕、指先までの痺れと痛みに悩まされていました。
1日3回の鎮痛剤を服用しないと我慢できないほどだったようです。

初回来院時

立った状態で、左肩がかなり下がり、左の肩甲骨もそれに伴い下がっていました。さらに左肩甲骨は前に傾いており、バランスをとるように右肩甲骨は後ろに傾いていました。首の僧帽筋(首から背中にかけておおっている大きな筋肉)のラインも左右差があり、後ろから見ると首が曲がって見えました。
立っているとき座っているときも、姿勢が悪い状態でした。
具体的には骨盤が後ろに傾いており、腰椎・胸椎、その上の頚椎(首の骨)と様々な箇所に悪影響を及ぼし、その為に頚椎が過剰に前に湾曲していたのです。
上半身や手指に行く神経は頚椎(首の骨)から出てるので、頚椎の状態が良くないと痛みや痺れを感じます。 このように、身体が歪むと筋肉の過緊張がある為、それらの筋肉に支えられてる椎骨が歪み、神経支配を受けている上半身に症状が出るのです。
そのため、首を上に向くように反らすと、左上肢の痺れや痛みが強くなりました。

初回整体後

立っている状態、正座している状態でも背中が伸びて姿勢不良が改善され、骨盤、腰椎、胸椎、頚椎と正常な位置に収まってきました。左右の肩の高さ、肩甲骨の位置も整体前より揃い、首をそらしてみると、整体前より動きがよくなってきました。

その後、一週間に2回のペースで続け、14回で、痺れと痛みが出なくなり、改善されました。
(改善の仕方は個人差があります。この方は、早く改善されましたが、痺れがある方は、時間が掛かる場合が多いです。)

痛みや痺れがある方は、必ず身体の歪みに表れます。
当院の整体で身体を整えて、正常に戻し、健康な身体にしていきましょう。

当院の整体についてさらに詳しくはこちらをご覧ください。

初めてご来院される方はこちら
無痛整体についてはこちら
院長が語る整体コラム
改善事例の紹介
お問い合わせ
東京都世田谷区中町3-21-7
電車でお越しの場合:東急大井町線「上野毛」駅下車 徒歩7分 (急行止まりません)
バスでお越しの場合
・東急バス 黒02 二子玉川~目黒「天祖神社」下車 徒歩3分
・東急バス 園02 田園調布駅~世田谷区民会館「玉川電話局」 下車 徒歩3分
お車でお越しの場合: 近くに駐車場もあります。
アクセスはこちら