レントゲンを撮っても骨に異常がない場合はどうしたらいい?その痛み、痛み止め薬でごまかさないで!

世田谷区・上野毛のさるた整体院 ホーム > 院長が語る整体コラム> その痛み、痛み止め薬でごまかさないで!

その痛み、痛み止め薬や湿布ででごまかしていませんか?

体に痛みなどの症状が出たとき、まずは皆さん湿布をはったり、市販のバンテリンなどを塗ったりなどの救急処置をされるようです。
それでも良くならないと心配になって「骨に異常があるのかな」「内科的な異常?」と心配になって外科や内科に検査を受けに行かれます。

けれど、前回のコラムでも書きましたが、整形外科でレントゲンを撮っても『骨に異常はない』と言われ、処方されたのは痛み止め薬と湿布だけ・・・
診断結果も『様子をみましょう』と言われただけで、何もしてもらえなかった・・・
当院に来院されている方から、こんな話をよく聞きます。

でも実は「様子を見ましょう」というのは、「痛みの原因はよくわかりません」と言っているのと同じなのです!

痛みの原因を整体で改善していきましょう

痛みが出てくるというのは、体のどこかに異常があるという、警報ブザーです。
「ここに異常があるよ!」「この異常を治してくれ!」という、あなたの腰や膝や肩からの悲鳴なのです。

その体からのサインを無視して、痛み止めや湿布でごまかしていても、改善することはなく悪化していくだけなのです。

痛みなどの症状がある方は、必ずといっていいほど身体が歪んでいます。これこそが「異常」なのです。
歪みがその人の許容範囲を超えると、酷使している箇所や弱いところに痛み・しびれなどの症状が現れてきます。

当院では、人それぞれ異なる歪みをよく観察し、見極めて整えていきます。

整えるといっても、バキバキ・ゴリゴリしたりと痛みを伴う施術は一切行いません。ごく軽い刺激なので、女性の方も多く来院されています。
長年、痛みやコリ・痺れなどの症状でお悩みの方はぜひご相談ください。

当院の整体についてさらに詳しくはこちらをご覧ください。

初めてご来院される方はこちら
無痛整体についてはこちら
院長が語る整体コラム
改善事例の紹介
お問い合わせ
東京都世田谷区中町3-21-7
電車でお越しの場合:東急大井町線「上野毛」駅下車 徒歩7分 (急行止まりません)
バスでお越しの場合
・東急バス 黒02 二子玉川~目黒「天祖神社」下車 徒歩3分
・東急バス 園02 田園調布駅~世田谷区民会館「玉川電話局」 下車 徒歩3分
お車でお越しの場合: 近くに駐車場もあります。
アクセスはこちら