辛いぎっくり腰、原因から改善しましょう

世田谷区・上野毛のさるた整体院 ホーム > 院長が語る整体コラム> 椎間板ヘルニアを引き起こしてしまう身体の歪み

痛み止めをずっと飲んで我慢していませんか?

医療機関で『腰椎椎間板ヘルニア』と診断を受けている人は多くいらっしゃいますが、「手術するほどではない」と言われる事がほとんどだと思います。
手術の代わりに痛み止め薬や座薬などを処方されたり、牽引や筋力強化など保存療法をおこなっているものの、その治療で改善がみられない方、当院にご相談下さい。

椎間板ヘルニアの原因や症状は?

背骨は、椎骨という小さな骨が積み重なってできています。この椎骨ひとつひとつの間にあるのが「椎間板」というもので、これが背骨にかかる衝撃を吸収するクッションの役目をしています。
そのクッションである椎間板に過剰な圧力がかかることで、中にある髄核が飛び出し、後方の神経(神経根、脊髄神経、馬尾神経)を圧迫し腰部、臀部や下肢に痛みや痺れが起きる疾患が椎間板ヘルニアです。

腰やお尻、膝や足までしびれや痛みが起きてしまい、痛み止めなしでは日常生活を送れない人もいるくらいです。

当院では椎間板ヘルニアの根本から改善していきます

椎間板ヘルニアは、あくまで結果にすぎません。椎間板に過剰に圧力がかかってしまう身体の歪みが問題なので、身体が歪んだ状態で仕事や家事などの日常生活を続ければ、何処かに無理負担が生じ、痛みが出るのは当然です。
歪んだ身体を正常な状態にしてあげればよいのです。
その歪みが正常な状態に戻れば、椎間板にかかる圧力がなくなり、痛みもなくなるのです。

当院では、椎間板ヘルニアになってしまった身体がどのように歪んでいるか見極め、正常に戻していきます。 捻れ、傾き、姿勢不良、重心、椎骨一つ一つの歪みなどをチェックしていきます。

痛み止め薬を服用しなくては、ガマンできずに悪循環に陥っている方、ご相談下さい。

当院の整体についてさらに詳しくはこちらをご覧ください。

初めてご来院される方はこちら
無痛整体についてはこちら
院長が語る整体コラム
改善事例の紹介
お問い合わせ
東京都世田谷区中町3-21-7
電車でお越しの場合:東急大井町線「上野毛」駅下車 徒歩7分 (急行止まりません)
バスでお越しの場合
・東急バス 黒02 二子玉川~目黒「天祖神社」下車 徒歩3分
・東急バス 園02 田園調布駅~世田谷区民会館「玉川電話局」 下車 徒歩3分
お車でお越しの場合: 近くに駐車場もあります。
アクセスはこちら